癒しの森で深呼吸 Mako's Blog

食、健康、癒し、旅など、日々、心地いいと感じたことを発信しています。
Top Page › 意識・エネルギー › 言語の波動 日本語の役割
2021-04-07 (Wed) 17:45

言語の波動 日本語の役割

土地の波動、役割があるように、
言語にも波動、役割があります。


世界中に多種多様な言語が数多くあるけれど、日本語の特殊性、特異性はなかなかのものです。


サンスクリットと同じ響きが、日本語の「あ・い・う・え・お」にはあること。そして、この“母音”で言語が成り立っているのが、他の言語には無い特殊性を持っています。  


更に、この日本語を伝達、コミュニケーションに使う日本人の脳の特性には注目することがあります。


右脳と左脳を結ぶ神経回路の束
「脳梁」(のうりょう)
が、他の言語民族にはないくらい太いということ。


右脳と左脳との情報のやり取りが早く、多く、緻密で繊細であると言えます。


虫の鳴き声を、雑音にしか聞こえない西洋人と違って、私たち日本人は、虫の聲(こえ)と呼ぶほどに、その音の重なりや響きに想像を馳せ、見えないものへの深遠さ、至福を感じ取れます。


20210407191846425.jpg

更に、右脳で感じ取った感覚を左脳へもフィードバック、分析、分類して左脳でも、その深遠さを感じてるのかも。。


日本語を日常に使う人は、地球上にたった5%ほどと言われています。


そのものの、もっと奥、本質を意図せずとも感じ取れる日本人。


日本人であることに、ありがたさを感じます✨


スポンサーサイト



Last Modified : 2021-04-07

Comment







非公開コメント